マナー・豆知識

香典返し・法事の引き出物マナー


香典(こうでん)とは、故人の霊前に供える金品をいいます。

通例、香典は、香典袋に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡します。

香典返しはその時のお香典のお礼となります。
関西の地方では、「満中陰志」といいます。

一般的に忌明けを迎えたら、日常生活に戻るとされています。
忌明け後、あいさつ状とともに香典返しを贈ります。

忌明けとは、仏式ではふつう四十九日ですが、繰り上げて三十五日とすることもあります。

神式では、五十日祭、あるいは三十日祭を忌明けとします。

キリスト教では、忌明けという観念はありませんが、日本では一か月目の召天祭に埋葬をすませた際、故人を記念する品を贈るケースが多くあります。

香典返しは一般的に、いただいた香典の3分の1~半額くらいの品を選んでお返しします。

一家の働き手が亡くなった場合は、香典の3分の1程度でよいとされています。一定の品物を一律に返すこともありますし、金額にあまりこだわらなくてもよいでしょう。

一人一人に香典の半額の品を選ぶのは、大変な労力となります。そこでお礼の気持ちということで、いただいた金額に関係なく、何段階かに分けて一律に同じ品を選ぶことが多くなっています。

例えば、5,000円までの香典は2,000円の品を、10,000円までは5,000円というようにおよそ振り分ければよいでしょう。

また地域によっては、半返しが一般的な場合もあります。地域ごとのしきたりでも変わってまいります。

香典返しの品としては日用品が無難とされています。最近はカタログギフトなどもよく使われます。会社や、グループなどから香典を頂いた場合は、皆で分けられるようなものを選び、たとえばコーヒーやお茶などにするのもよいでしょう。


表書きは各宗教で異なります。
のしは黒白あるいは黄白の結び切りで、どの宗教にも関わらず使用することができるのは、一般には「志」です。
水引きの下に喪家の姓を書きます。
戒名などをつけるときは、短冊に書いて左肩に貼ります。

仏式では「忌明け」「満中陰志」「粗供養」などとも書き、神式では「今日志」あるいは「偲び草」、キリスト教式では「偲び草」「召天記念」などと記します。


香典返しは、喪主を差出人名にした挨拶状を添えるのが一般的です。
ただし、喪主以外の遺族が本人の関係者にお返しをする場合、ひとこと添え書きをするか、別に礼状を出すようにすると良いでしょう。

差出人名が喪主ですから、誰からかわからないことがあるためです。
その場合、伝票の差出人名を遺族の名にしてもよいでしょう。

法事(法要)とは、故人の冥福を祈る行事です。もともとは仏教行事一般のことを意味しました。宗教によって、それぞれ異なります。

一般的には7日ごとに読経してもらい、四十九日に忌明けの法事(法要)を行います。その後、亡くなった年を1年とし、三と、七の年に、年忌法要として、行います。(三回忌、七回忌など)。

神式では、仏式の法要に当たるものを「霊祭」といいます。故人の死亡した日からかぞえて10日ごとに「十日祭」を行います。死亡後50日目で忌明けとなり、「五十日祭」を行います。

一周年目に盛大なミサを行い、区切りの良い年に召天記年ミサを行います。プロテスタントは亡くなってから1ヶ月後を召天記念日として記念式を行い、数年間は1年ごとの命日に 記念式を行います。

法事の引き出物は、出席していただいた方全員に、感謝の気持ちをこめて配る品物です。
会場で手渡しします。
また、出席をすることができなかった方でも、個人を偲んでくださった方々へは、お礼としての品物を贈ります。

地方のしきたりなども踏まえて、心ある贈り物を贈りましょう。

金額は、2,000円~5,000円程度が一般的です。
品物は、いくらあっても困らない実用品が好評です。
会場から持参して持って帰るケースが多いので、かさばったり、重かったりするようなものは避けるようにします。カタログギフトなどのコンパクトなものが喜ばれます。

商品カテゴリ

カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

オンラインショップ
営業時間
ご注文受付:24時間受付中
お問い合わせ応対:
平日(月~金)10:00-17:00

ページトップへ