マナー・豆知識

結婚内祝いマナー・豆知識


内祝いとは、「幸せのおすそわけ」という意味合いもありますが、現在では、いただいたお祝いのお返しという考えが一般的です。

結婚式に招待した場合は、引き出物が内祝いになりますが、結婚式に招待しなかった方からのお祝いや、多くご祝儀をいただいたなどで引き出物だけでは不十分な場合、お返しとして内祝いを贈ります。


内祝いの品は、日持ちがするもの、いくつ持っていても困らないもの…としてタオルなどを贈ったり、相手の好みを考えて、どんなものを選んでも良いでしょう。

ただ、相手の環境を考えるのは最低限のマナー。
相手が忙しいときに生ものギフトを贈ったり、一人暮らしの家に大人数用の食器セットを贈ったりすることがないように注意しましょう。

また、置き場所に困る飾り物や、個性的すぎる物も避けた方がいいでしょう。
相手の嗜好が分からない場合には、好きな物を選ぶことができるカタログギフトがオススメです。

引き出物のように、内祝いの贈り物に引き菓子や鰹節、祝砂糖など、伝統的なお祝いギフトも添えて贈るのが良いでしょう。


できれば、内祝いは相手を訪ねて手渡しするのが礼を尽した贈り方です。

ただ、遠方などでなかなか行くことができない場合には送ることになるのですが、その際には、礼状などを添えると良いでしょう。

ギフトを贈る場合は、挙式後一か月以内には届くようにしましょう。


結婚内祝いは、だいたい、ご祝儀またはお祝いの半額から3割を目安としてお返しを送ります。

「のし」や「表書き」にも、もちろんマナーがあります。

一度結ぶとほどけないというところから、結婚のようにおめでたくても繰り返したくないことに使う、紅白などの結びきり、結び留めや輪結びなどを使います。

表書きは「寿」や「内祝」とします。

商品カテゴリ

カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

オンラインショップ
営業時間
ご注文受付:24時間受付中
お問い合わせ応対:
平日(月~金)10:00-17:00

ページトップへ